Dept. of Applied Chemistry, Chemical Engineering, and Biochemical Engineering, Yamagata Univ.

教育内容

カリキュラム・コンセプト
基盤力を育成する
基盤専門科目
数学・物理系科目
応用化学系基礎科目
化学工学系基礎科目
バイオ化学工学系基礎科目
基盤力と専門力を育成する
専門科目
応用化学・化学工学系専門科目
バイオ化学化学工学系専門科目
さらに専門力を育成する
卒業研究
卒業研究
輪講
高い専門性を育成する
大学院教育
高い専門性を持つ修士を授与する博士前期課程
世界で活躍できる博士を育てる博士後期課程

代表的な講義科目

応用化学・化学工学コース
1 年生 無機化学基礎,有機化学基礎,生物学基礎,数学,物理学など
2 年生 有機化学,無機化学,分析化学,物理化学,化学工学量論,細胞生物学,生化学,化学英語など
環境化学,移動現象論など
3 年生 マテリアル化学,エネルギー化学,分離プロセス工学,移動現象論,粉粒体工学など
バイオ化学工学コース
1 年生 無機化学基礎,有機化学基礎,生物学基礎,数学,物理学など
2 年生 有機化学,無機化学,分析化学,物理化学,化学工学量論,細胞生物学,生化学,化学英語など
生理学,微生物工学など
3 年生 生体界面科学,化粧品学,再生医工学,医薬品化学,食品工学,医用細胞工学,感覚細胞工学,遺伝子工学など

【教育目標】

山形大学および工学部の教育目標を踏まえ,教育プログラム(化学・バイオ工学科) では,技術者として健全な価値観をもつための豊かな人間性および社会性と,実 践的に人類の幸福に貢献するための幅広い教養とともに,工学の基礎と化学・バ イオ工学の専門的知識および技能を養う教育を行います.これらの能力により自 ら新分野を開拓しながら,人類の幸福と発展に貢献する技術の創造と産業の創成 を実践する人材を育成することを目標としています.

【学位授与の方針 / デイプロマ・ポリシー】

山形大学および工学部の学位授与の方針 (デイプロマ・ポリシー) のもと,教育 プログラム(化学・バイオ工学科)では,基盤教育および学部の専門教育を通じて ,以下のような知識・態度・能力を獲得した学生に「学士(工学)」の学位を授与 します.
化学・バイオ工学科 学士(工学)号 授与の方針
1. 豊かな人間性と社会性 (1) 社会的な意義や責任感を自覚し,倫理的に正しい判断をする能力を身につけている.
(2) 社会的・職業的に自立する意識と,社会と産業の発展に貢献する意欲を身につけている.
(3) 他者と協力しながらチームで課題解決に取り組む能力を身につけている.
2. 幅広い教養と汎用的技能 (4) 論理的な思考力と記述力,およびコミュニケーション力を身につけている.
(5) 豊かな発想力をもって,計画的に仕事を進め,課題を解決に導く能力を身につけている.
(6) 国際的な視点から多面的に物事を捉え,課題解決を先導できる能力を身につけている.
3. 専門分野の知識と技能 (7) 応用化学・化学工学をよびバイオ化学コウガクの基礎知識と,それらを応用する能力を身につけている.
(8) 科学技術に関する知識・情報を的確に把握する能力と,生涯にわたって自発的かつ継続的に学習できる能力を身につけている.

↑ PAGE TOP