お知らせ・イベント

2020年

【お知らせ】バイオ化学工学分野 佐藤慎吾教授 退職のお知らせ(2019.12.1)

2020/02/27

  

慎吾先生近影.jpg

  山形大学大学院理工学研究科教授(バイオ化学工学分野)佐藤慎吾先生におかれましては、2020年3月31日をもって定年を迎えられることになりました。

 予定しておりました最終講義および茶話会は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、中止とさせていただきました。

 

**********************************************************************

 

 先生のご退職にあたりまして、これまでの先生のご功績を称え、ご薫陶とご指導に感謝の微意を表したく下記のように最終講義の開催と記念品の贈呈事業を計画いたしました。なにとぞ本事業の趣旨にご賛同いただき、ご協力賜わりますようお願い申し上げます。

工学部化学系親睦会

   【最終講義】

    テーマ:「平成とともに31年間を振り返って」

    日 時:3月13日(金)14:30〜15:30

    場 所:工学部中示A(終了後茶話会を予定)

 

   【退職記念募金】

    募金額:1口(1,000円)以上

    締め切り:2020年3月末日

 

    連絡先:〒992-8510 米沢市城南4丁目3-16

        化学・バイオ工学科 学科事務室(小田)

            E-mail: k-oda@yz.yamagata-u.ac.jp

            TEL: 0238-26-3170, FAX: 0238-26-3413

 

 佐藤慎吾先生は、1979年に山形大学大学院工学研究科応用化学専攻修士課程を修了され、関東医師製薬(株)(後(株)メクト)中央研究所研究員を経て、1989年4月に本学工学部応用化学科に助手として赴任されました。1989年11月からのマサチューセッツ工科大学での1年間の博士研究員を含め、30余年の長きにわたり学生の教育と研究に情熱を注がれて来られました。

 2010年には新設されたバイオ化学工学科の学科長に就かれ、新学科運営の基礎を築かれ、2015年からは米沢工業会の副理事長として、工学部同窓会の運営に尽力されました。また2014年には化学系学協会東北大会(米沢)の実行委員長として学会活動にも貢献されました。

 先生は天然物化学の分野を中心に、「紅花色素をはじめとするフラボノイドC-配糖体の合成」、「フロロアセトフェノンを含む環状体の合成と機能性評価」や「ニトロキシドラジカル-配糖体の合成と機能性評価」など、生理活性ポリフェノール配糖体や機能性分子の合成と評価について継続的に成果をあげておられます。

 

お知らせ・イベント:2020年

お知らせ・イベント