研究室紹介

応用化学・化学工学コース

仁科 辰夫 研究室

  • テーマ:30秒で充電できるリチウムイオン二次電池が世界を変える
  • キーワード:電池,キャパシタ,エネルギー,界面,活物質,アノード,カソード,腐食,不働態,集電体
  • 専門分野:エネルギーデバイス診断

研究室URL

https://edu.yz.yamagata-u.ac.jp/developer/~host/yz/c1/Index.asp

業績URL

http://yudb.kj.yamagata-u.ac.jp/html/403_ja.html?k=仁科辰夫

自己紹介

仁科辰夫

研究概要

現代のエネルギーの主役は電気。その電気エネルギーを物質にたくわえておくのが電池とキャパシタです。電気化学グループでは、環境にやさしく、より高性能なエネルギーデバイスの研究開発に日夜取り組んでいます。

テーマ例
  • 燃料電池の基礎電気化学の研究
  • 新型二次電池用新規電池材料の開発と物性評価
  • 表面酸化物薄膜の高度利用技術
  • 誘電泳動現象を用いた新規分析機器の開発

電気化学一般,電池技術(10秒で充電できるリチウムイオン電池を作るぞ) 燃料電池(長寿命化とコストダウンが鍵) 誘電泳動を用いた粒子制御と分析化学への応用ネットワーク利用技術(山形大学データベースアメニティー研究所所長)

応用化学・化学工学コース研究室一覧

研究室紹介